陽だまり

cyaia.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅( 75 )

京都旅行 2日目

京都旅行2日目

光明寺(京都市長岡京)
西山浄土宗の総本山。法然が初めて「念仏」の教えを説いた地であり
紅葉の名所としても広く知られる。
c0223117_15475541.jpg
c0223117_15481255.jpg
c0223117_15483051.jpg
c0223117_15485019.jpg
c0223117_15491150.jpg



天竜寺
臨済宗天竜寺派の大本山(京都市嵯峨にあります
1339年吉野で亡くなった後醍醐天皇の菩提を弔うために足利尊氏が夢想国師を開山として創建した。
c0223117_15504519.jpg

c0223117_15582051.jpg


c0223117_15584734.jpg

散りモミジ
c0223117_1559557.jpg

c0223117_1602759.jpg

c0223117_1612222.jpg




野々宮神社
嵯峨野の竹林のそばにあります。
人力車がこの道行き交います。
c0223117_17173183.jpg

c0223117_1665148.jpg

c0223117_167549.jpg
c0223117_1672385.jpg



嵐山
綺麗な紅葉を楽しみに行きましたが暗い曇天で紅葉も全然綺麗ではありません。
遅いのかこれからからかも分かりません。
c0223117_1682759.jpg

c0223117_1611497.jpg

c0223117_1715718.jpg



北野天満宮
c0223117_16143466.jpg
c0223117_16152719.jpg
c0223117_16154974.jpg
c0223117_1616635.jpg
c0223117_16164361.jpg
c0223117_16171765.jpg
c0223117_16173832.jpg
c0223117_1618150.jpg



東福寺(臨済宗総本山)
旅の最後は東福寺です。摂政関白の藤原家が奈良の寺院である東大寺と興福寺から
「東」と「福」の「字をとり1236年19年の歳月をかけて九条家の菩提寺として建立。
c0223117_17125158.jpg

方丈(八相の庭)
c0223117_17131570.jpg

北庭
c0223117_1714146.jpg

[PR]
by cyaia | 2016-01-02 16:20 |
仙台3日目
山形の蔵王へ行く予定でしたが雨、曇りでは行ってもお釜は見えないので選んだのは石巻です。

被災地の今の状態も知りたかった事、美味しいウニや牡蠣を食べれ小屋もあると言うので決めました。
雨の中工場から煙が上がっているのが見えました。
c0223117_13201311.jpg

石巻港に停泊している大きな船
c0223117_13211690.jpg

まづ被災地
川の方が高いと思います。これではたまりません。
c0223117_13224787.jpg

川のそばに空き地にこんな手を合わす場所が作られています。
c0223117_13233260.jpg

車で走っているとお墓が沢山目に入ります
c0223117_13244317.jpg
c0223117_1325512.jpg

そして数え切れない仮設住宅も
c0223117_132789.jpg


石巻には石森章太郎の漫画館があります。
川の中州にありながらクラゲのように足があり3階分位高くなっていたので流されず済みました。
c0223117_13522622.jpg

石森章太郎漫画館
c0223117_1330857.jpg
c0223117_13304791.jpg

玄関には彼の作品が出迎えてくれます。
c0223117_13333917.jpg

c0223117_1353682.jpg

玄関を入るとポスターが貼っています。
c0223117_1334141.jpg

津波に襲われた後と現在
c0223117_13353596.jpg


また支倉常長が慶長使節としてサン・ファン号でローマに向った船の記念館があります
サン・ファン・パーク
c0223117_1356121.jpg
c0223117_13563083.jpg

記念館の下に係留されているサン・ファン号
c0223117_13565614.jpg

支倉常長とサン・ファン号
c0223117_13573281.jpg

ローマの皇帝に親書を届ける
c0223117_1358152.jpg


石巻に来た理由の一つは美味しい海鮮を食べること。
この日はウニ丼とさんまのすり流し
c0223117_15574636.jpg

イカ焼き ホタテ  牡蠣は写真を撮るのを忘れて食べてしまいました。
c0223117_15582645.jpg



仙台に戻る時間が早く新幹線の時間まで沢山あったので仙台城に行きました。
仙台城と言えば伊逹正宗です。有名な騎馬像です。
c0223117_1419030.jpg

七夕のアトラクションをやっていました。
c0223117_1421149.jpg

c0223117_14202152.jpg


c0223117_14212135.jpg

[PR]
by cyaia | 2015-08-27 14:00 |
8月8日
仙台ニッカウィスキー工場
NHKドラマ「マッサン」でおなじみのニッカウィスキーは北海道の余市だけではなく仙台にも工場は
ありました。
おなじみのニッカおじさん
c0223117_2236716.jpg

入口の看板
c0223117_22381213.jpg
c0223117_22383898.jpg

シックな赤い建物
c0223117_22401337.jpg
c0223117_22403212.jpg

リタの書いた自画像
c0223117_22405024.jpg

リタの書いたマッサンの画像
c0223117_22415138.jpg
c0223117_224211100.jpg

高級ウィスキー 鶴17年
c0223117_22423376.jpg

c0223117_22432811.jpg



定義の三角あげ
旅行雑誌にも出ていた三角あげ・・・沢山の車が来て大勢の人が食べていました。
c0223117_22475433.jpg

西方寺というお寺の門前に「お店はあります。
c0223117_22484894.jpg

3人の男性が次々とあげても追いつかない位売れていました。
c0223117_2249476.jpg

カリカリに揚げたてはとても美味しい。大きさも大きいのです。
c0223117_22492388.jpg



西方寺
大きな敷地 由緒あるお寺のようでした
c0223117_22571835.jpg

門前でスケッチ
c0223117_22573514.jpg

c0223117_22582273.jpg
c0223117_22583831.jpg

鳳凰の彫り物が歴史を感じさせます
c0223117_22585679.jpg

勝軍地蔵
c0223117_230797.jpg

境内の見取り図
c0223117_2305559.jpg

本堂(六角形)
c0223117_2314385.jpg

c0223117_2324563.jpg
c0223117_233133.jpg

五重塔
c0223117_2331958.jpg

[PR]
by cyaia | 2015-08-18 23:03 |

湯滝~戦場ヶ原~赤沼

6月26日
ハイキング部では日光の湯ノ湖。湯滝~戦場ヶ原~赤沼までのウォーキング、ハイキングが
ありました。
c0223117_1502386.jpg

歩く途中釣りをしている人を度々みかけました。
c0223117_1426127.jpg

道しるべ
c0223117_14262449.jpg

湯滝が轟音をたてて流れています
c0223117_1427739.jpg

c0223117_14272120.jpg

戦場ヶ原はこんな大木があちこちにあります
c0223117_14274060.jpg


木々の中の木道を森林浴しながら気持ち良く歩きました。
c0223117_14281141.jpg

修学旅行の生徒たちお弁当を広げていました。我々シニアもその隣でお弁当タイム
c0223117_14283225.jpg

c0223117_14292311.jpg

湿地帯に咲くあやめ
c0223117_14294933.jpg

白樺とワタスゲ
c0223117_14303274.jpg

谷地坊主(やちぼうず)
c0223117_14305254.jpg

今が最盛期のワタスゲ
c0223117_14312912.jpg

レンゲツツジの赤が目に沁みます。元気の出る色ですね。
c0223117_14314689.jpg

ワタスゲの群落 しかし道から離れているのでカメラはワタ帽子が飛ぶ姿を捉えられません
c0223117_1432994.jpg

赤沼の駐車場に行く途中ルピナスが綺麗に咲いている場所を通りました。
c0223117_14324155.jpg

東北自動車道 羽生PAでは鬼平にちなんだお食事処が
c0223117_14325889.jpg

江戸の美味と情緒に心和むくつろぎ処
c0223117_14332735.jpg


江戸の町を再現
c0223117_1434443.jpg
c0223117_1435515.jpg

うなぎやさん
c0223117_14353180.jpg

[PR]
by cyaia | 2014-07-13 14:35 |

足利フラワーパークの藤

4月29日

足利フラワーパーク
バスは夕方の4時頃に足利フラワーパークに着きました。
少し遅いと思いましたがライトアップもあるしまだまだ空は明るい。
添乗員さんから今藤は素晴しく咲いているとの話で期待に胸ふくらませて入園しました。

c0223117_16145033.jpg

白い藤の花
c0223117_16151710.jpg

後方はライトアップされた藤の花
c0223117_16164316.jpg

ライトアップされた藤の花 もう花弁も分からないほどびっしりと咲いています。
c0223117_16174662.jpg

藤だけでなくツツジ、ルピナス、忘れ名草など沢山の花も咲き彩り豊かな色彩の公園です。
c0223117_16183419.jpg

大藤です。幹回りが太いです
c0223117_16194094.jpg

花のトンネル
c0223117_16202563.jpg

ライトアップされた藤と真っ赤なツツジ
c0223117_16211854.jpg

色合いの綺麗な寄せ植え
c0223117_16221422.jpg


こうして3カ所もかけ足で回ってきましたが何処も満開の花ばかりで嬉しいツアーでした
[PR]
by cyaia | 2014-05-27 16:35 |

ひたち海浜公園

4月29日
ツアーバスでひたち海浜公園の「ネモフィラと市貝の芝桜。足利フラワーパークの藤を見に
いきました。

ひたち海浜公園
ネモフィラの青いじゅうたんがとてもきれい
c0223117_15594178.jpg

ネモフィラと菜の花がS字の道を分けて上から眺めるときれいです
c0223117_1604730.jpg

素敵な美人さん
c0223117_161862.jpg

海浜公園のチュリップは少し遅かったです首を曲げて咲いているのが可愛いね。
c0223117_162543.jpg

この公園の定番は木々の間に咲くチュリップです
c0223117_1624170.jpg


市貝の芝桜
c0223117_1634090.jpg

[PR]
by cyaia | 2014-05-27 16:09 |
12月9日~10日に夫の従姉妹夫妻と4人で伊豆へ行ってきました。
夫婦共にお付き合いが出来て一緒に行動出来る友は宝物だと思っています。

真鶴から旅は始まりました。
青サギが餌を狙っています。鋭い目つきです。
c0223117_15543950.jpg

c0223117_15501391.jpg

食事をしたレストランに片岡鶴太郎の「真鶴遊魚讃歌」の額が飾っていました。
c0223117_15502327.jpg

ランチは金目ダイの入ったお刺身 ここは金目鯛が美味しい所です。
c0223117_15563297.jpg



三石海岸(みついし)
駐車場から階段を降りて海岸へ出ました。
しめ縄のはった岩が見えます。
c0223117_15575986.jpg

遠望です。岩がゴツゴツしています。
c0223117_1604525.jpg

c0223117_1623696.jpg

c0223117_1672443.jpg


網代の宿の部屋から撮った夜景
c0223117_16262010.jpg

c0223117_162848.jpg
c0223117_16284258.jpg


汐吹公園
40数年前に余り外へ出るのが好きでない父が連れてきてくれた汐吹き岩とても懐かしく思いました。他にワニ園とか見たと思いますが何故か汐吹岩が記憶に深く残っています。
c0223117_16294120.jpg

サザンカの花。少し暗いですわずかに玉ボケがでてが写した時の状態で好きな写真です。
c0223117_16403780.jpg

雨の降った後でやつでの花がしずくで光っていました
c0223117_16412983.jpg


城崎海岸
ぼら納屋
はなかんざしさんがぼら納屋を検索してくれたのでアドレスをつけます。
実は私達も全然事前調査がなく行ってみようと立ち寄ったのですが当日はお店はお休みでした。
HPを見たら又行ってお食事をしたくなりました。昔漁師小屋が今は食事処です。
ぼら納屋のHP
http://www.boranaya.com/index.html
ぼら納屋に干してあった大根
c0223117_16483565.jpg

釣り網にくっついていた貝がら
c0223117_16504952.jpg



つり橋を渡って公園に入ります
火山灰地でゴツゴツした石は歩きにくかったです。
ジグザクした海岸は長く続きますがくぼんだ場所に波が打ちつけられ跳ね返る波は勢いが
あり勇壮に見えました。
c0223117_16515647.jpg
c0223117_1652444.jpg
c0223117_16533494.jpg


大室山
旅の最後は大室山へ寄りました。
c0223117_16544019.jpg

大室山のふもとは桜の里になっていてこの日も冬さくらがわずかに咲いていました。
c0223117_16551870.jpg

大室山と月この写真も距離が離れているので一緒に写すのは難しいです。
c0223117_16555749.jpg

[PR]
by cyaia | 2013-12-20 17:10 |
旅の最後はナイアガラ
昨日VIA鉄道でトロントまで乗りさらにバスでナイアガラまで2時間乗りました。
今日は最後の観光です。

ナイアガラ滝
ホテルから歩いても15分位ですがバス出来ました。
まずは滝の裏側(真横)観光です。
c0223117_23321437.jpg
c0223117_23373759.jpg

滝の裏見の時は黄色いレインコート
c0223117_23413965.jpg

滝の裏見。間じかで見れます。びしょぬれになりますが凄い迫力を感じます
c0223117_23423584.jpg

カナダ滝を上から
c0223117_23472161.jpg

アメリカ滝 少し離れて細い帯のような滝はブライダルベール滝(花嫁ノベール)
c0223117_23512462.jpg

右にカナダ滝 左にアメリカ滝
c0223117_2355135.jpg

お目当ての「霧の乙女号」に乗ります。一つの船に200人乗りと300人乗りがあります。
全員立ち見になります。席とりは写真撮影には重要なのですが並んだ順番ですから上手くいきません。2階の右の前がいいと教えてもらいましたが思うようには行きません。背の高い人有利。
今度は青い河童を着て乗船しますが長蛇の列。長い事待ちました。
c0223117_003612.jpg

c0223117_02486.jpg

c0223117_0629100.jpg
c0223117_07715.jpg
c0223117_075142.jpg


お昼御飯を食べたシェラトンのレストランから良く見える。
c0223117_082823.jpg

c0223117_012145.jpg



ワールプール
ワールプールとはナイアガラ川が急に流れの角度を90度変える場所で渦巻きが起きて
いる場所をいう。
c0223117_1027316.jpg


花時計
c0223117_0164850.jpg


世界一小さい教会
ウエイサイドチャペル
c0223117_0184336.jpg


ナイアガラ・オンザ・レイク
1792年英国領時代にオンタリオ州の最初の州都だった場所で英国風の街並み
歩いて15分位でオンタリオ湖に出られる。
c0223117_03008.jpg
c0223117_0302182.jpg
c0223117_0305730.jpg
c0223117_0312146.jpg
 

ワイナリー
c0223117_0333341.jpg

赤と白にぶどう畑があり「ここではアイスワインを製造している。
試飲させて頂きました。飲めない私ですがなめてみて甘くて美味しいです。

夕食
この度最後の夕食はロブスター(レミントンにて)
c0223117_0372493.jpg


旅の最後はナイアガラ滝のライトアップを全員でホテルから歩いて見に行きました。
スカイロンタワー
c0223117_040466.jpg

アメリカ滝
c0223117_0405366.jpg

アメリカ滝のブライダルベール滝の色が紫に変わりました
c0223117_0423149.jpg

カナダ滝(スカイロンタワーが写っています)
c0223117_0414061.jpg


明日と言うか真夜中の2時にホテルを出発して約2時間でトロントまで走ります。
その後トロント発6時15分の飛行機(AA)でシカゴに向かいます。
シカゴ発7時のJAL機で13時間かけて成田へ(地獄の13時間座席が狭くて大変)
ご覧頂き有難うございました。
[PR]
by cyaia | 2013-10-17 00:47 |
5日目
ローレンシャン高原を8時に発ってバスでモントリオールへ約2時間のバス旅

モントリオール
モントリオールの言語はフランス後圏、人口370万人の住むトロントに次ぐ第2の都市です。
北米のパリと呼ばれ1642年にフランス移住者によって建設されました。

ノートルダム大聖堂
1829年に立てられたネオゴシック建築の大聖堂 世界最大級のパイプオルガンがある。
c0223117_2136016.jpg

祭壇
c0223117_21174199.jpg

ステンドグラス
c0223117_21183718.jpg

パイプオルガン
c0223117_2119221.jpg

最後の晩餐
c0223117_2119499.jpg

礼拝堂
c0223117_2147326.jpg

大聖堂の前に観光馬車が
c0223117_21211510.jpg

ジャックカルチエ広場
c0223117_2122088.jpg

モントリオールは芸術の街 あちこちの壁に絵が描かれている
c0223117_21234840.jpg
c0223117_21241861.jpg

ランチは豪華に大きなステーキ
c0223117_2125299.jpg


この後ジャンタロン市場(野菜や魚など生鮮市場)へ行き
いよいよ大陸横断鉄道VIAに乗ります。


c0223117_21583428.jpg


大陸横断鉄道VIAにモントリオールからトロントへ約5時間の列車旅
日本食のお弁当とお茶が支給され列車内で食べます。
綺麗な景色を見たかったのですが日本の田舎の風景で珍しいものはなかったです。
c0223117_22115365.jpg
c0223117_22123135.jpg
c0223117_2213158.jpg
c0223117_2213417.jpg
c0223117_22143194.jpg

[PR]
by cyaia | 2013-10-13 21:58 |
3日目・・広いカナダはこの日は移動日になりました。
バンフは今朝も雨でした。ホテルの豪華な朝ごはんを食べてバスで2時間かけてカルガリー
空港に向かいます。
 ポプラ、白樺など黄色の黄葉と聳え立つロッキーの山々と分れてメープル街道
のローレンシャン高原の中心地とトレンブラン村を目指します。
カルガリーからはWS(ウエストジェット)でモントリオールへ4時間10分のフライトです。
ここで又時計を2時間早めます。
c0223117_1716275.jpg

空港からバスで2時間乗って(途中でチキンの夕食)ローレンシャン高原のホテルカンダハーに入ったのは22時30分長い移動の1日でした。真っ暗で紅葉の様子は明日朝起きた時しか分かりません。

4日目・・ローレンシャン高原・・今回の紅葉のお目当ての場所です。
面白いもので村に1か所朝食会場がありこの辺のホテルに泊っている人達が大勢食べにきます。
来るのはほとんどが日本人ばかりでした。
幸い天気は晴れて見渡すばかり綺麗な紅葉になっています。心は踊りウキウキ気分です。
しかしオプションの最初は山へゴンドラで登りましたが登るに従ってガスが濃くなり上では
下界の景色が全然見えません。
即ゴンドラで下へ降りました。
c0223117_17181992.jpg

c0223117_17211399.jpg

トレンブランの村は可愛い小さな村で街の真ん中に無料のゴンドラがあります。
坂の上や下へ簡単に行き来が出来るのですが歩いて上下しても左右のお店が可愛いくて何時間
でもブラブラ歩いていたいと思いました。
私達もこのゴンドラ楽しくて嬉しくて5回も乗りました。
c0223117_1722557.jpg


無料のゴンドラから見えた景色、街の様子等
c0223117_2045322.jpg
c0223117_20465457.jpg

c0223117_20135166.jpg

c0223117_20143826.jpg
c0223117_20152497.jpg
c0223117_20155017.jpg
c0223117_20162072.jpg
c0223117_20164233.jpg

c0223117_20184511.jpg


トレンブラン湖を船で遊覧しました。ここからは素晴らしい紅葉を見る事が出来ました。
c0223117_20212755.jpg


c0223117_20234457.jpg

c0223117_2024186.jpg

c0223117_20262212.jpg


その後ミニハイキングで小さな湖を50分で1周出来ます。自由参加ですがツアーに
参加の皆さま22人全員が参加して楽しく歩いてきました。
c0223117_20501874.jpg
c0223117_20505520.jpg


宿泊したホテル「カンダーハー」は屋根の補修中 沢山の屋根職人が働いています。
c0223117_20523999.jpg
c0223117_20534078.jpg

散策中に拾ったメープルの葉っぱを並べてみました。
c0223117_20545031.jpg


何時もアンダーになってしまう写真、今回はphotoshopで明るくしてみました。
[PR]
by cyaia | 2013-10-12 18:36 |

日々の出来事  旅  料理  写真


by cyaia