陽だまり

cyaia.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大自然の中を歩くその1

歩こう会の8月は「乗鞍と上高地の1泊のバスハイク」でした。

何処を歩いたかというと1日目は私が一度は行ってみたい「乗鞍」でした・
この企画はバス1台で参加出来るのは49名
これに参加するのに熾烈な争いがあります。何て言っても申し込み順ですから早くから並ぶ
のです。年間」予定表をもらった時絶対参加したいと思いました。

乗鞍は主峰剣が峰(3026m)大黒岳(2771m)魔利支天岳(2873mコロナ観測所がある)
など23の山の総称である。

雲上の楽園、自然豊かな北アルプスの風景の中で過ごす旅物語のフレーズにも惹きつけ
られて!
バスは乗鞍エコーラインを通り一路乗鞍の畳平へ
畳平は標高2702メートル 誰も高山病にはなりません。歩こう会ですからここで昼食
をとってまずはお花畑1周歩きます。
c0223117_1452570.jpg

畳平のバスターミナル
c0223117_14522329.jpg

乗鞍のコロナ観測所 後で振り返ったらもうガスに包まれて見えません。
c0223117_13201628.jpg

こんな標高の高い場所に自転車で上がってきたのでしょうか?
c0223117_1021061.jpg


畳平から今も残っている雪渓がみえました。
c0223117_14532154.jpg
c0223117_14533450.jpg

時期がもう終わりのようできれいなコマ草には会えませんが高山植物でやっと会えた
コマクサに大感激。岩の間にひっそりと咲いていました。何ていったって「女王」です。
c0223117_15242862.jpg

晩夏のチンクルマ
c0223117_15251524.jpg


c0223117_1526821.jpg

低地に住む我々には見ることの出来ない白い雲が素敵でした。
c0223117_15383711.jpg

c0223117_153371.jpg

善五郎の滝 滝つぼへ向かって行く子供たちがいて何の訓練かしらと心配になりました。
滝の標高は1500mで一気に降りてきました。
c0223117_1543441.jpg


c0223117_13253850.jpg
c0223117_13262781.jpg

c0223117_13291436.jpg




この後牛留池→あざみ池→小梨の小道→一の瀬園地→乗鞍観光ホテルと6キロウォークで
15,000歩歩きました。
温泉は白骨温泉が近いのか乳白色の湯でした。
[PR]
by cyaia | 2010-08-29 15:43 | クラブ活動
折角遠くへ来たのだから1泊しようという事になりました。
泊ったのはJR青梅線の鳩ノ巣 夜来は凄い雨でどうなることかと思っていましたが大丈夫。

鳩ノ巣駅ー白丸駅ー河合玉堂も愛した散歩道ー数馬の切り通しー数馬峡ー白丸湖ー白丸ダム
ー白丸駅ー古里駅ー御嶽駅ー西立川駅
こんな感じで自由きままに歩きました。

河合玉堂の愛した散歩道
c0223117_154620100.jpg

c0223117_15464935.jpg

数馬の切り通し
江戸時代に振袖火事で江戸が大火で木材が足りなくなり奥多摩からの木材を運ぶのに
造った切り通しですが今は青梅街道の為断続的になっていて行き止まりの部分があります。
c0223117_15472525.jpg

数馬峡~白丸湖~白丸ダム~魚道
多摩川上流で大きな石がゴロゴロした渓谷になって遊歩道が出来ている。
我々はこの流れに沿って歩いた。
c0223117_15522082.jpg

白丸ダム
c0223117_1662552.jpg

魚道・多摩川の上流に遡る魚がダムの上流に上がれないのでダムを避けて上流行く魚道を作った。
c0223117_1664140.jpg
c0223117_1665562.jpg


白丸駅へ戻りJR古里(こり)の駅で誰かさんが何かありそうな匂いがするというので
降りてみる。お寺と神社(熊野神社)はあったけれど静かな町であった。
c0223117_1629164.jpg

c0223117_16294668.jpg


お昼の食事をするために御嶽駅で降りる。豆腐料理で有名なままごと屋のいもうと屋
入る。目の前が多摩川の流れというしゃれたお店であり一度入ってみたい店でした。
c0223117_16225215.jpg


最後は西立川で降りて目指すは昭和記念公園のさぎ草です。
サギ草はこの時期しか見られない貴重な花です。
花の大きさはわずか1.5cm位で群生しているのではなく植木鉢で育ててそれを大きな箱
に入れて上をミズゴケでおおって園内のあちこちに置いている。一つ一つ見ると鷺が羽を
広げて飛んでいるように見える風流な花である。
c0223117_16241173.jpg

c0223117_1625422.jpg
c0223117_16251395.jpg
c0223117_16252395.jpg
c0223117_16253192.jpg
c0223117_16253912.jpg

[PR]
by cyaia | 2010-08-22 16:38 | 好奇心
ロックガーデン(その名の通り岩石園)

誘ってくれた友人はレンゲショウマを見た後の事を皆で相談して決めればいいと簡単な
コメントに私は一抹の不安もあったけれどレンゲショウマの写真を撮りたくて同行した。
私は右足の膝が良くないのである。
地図の上で御岳ビジターセンターから武蔵御岳神社でお参りして長尾平まで歩き
天狗の腰掛岩→綾広の滝(ここが急な石段で難儀した場所①→天狗岩(ここが難儀②)で
一回り歩いてきました。転びもせず歩けて良かった。
c0223117_17432319.jpg

神代ケヤキ
c0223117_17485525.jpg
c0223117_17501483.jpg

天狗の腰掛杉
c0223117_20595867.jpg

ロックガーデンの名の通り沢山大きな岩がゴロゴロしています。
歩く道は私でも歩けるような道筋が出来ています。
c0223117_18442442.jpg

蜘蛛の巣があちこちにあります。雨でことさら蜘蛛の糸が目立ちます。
c0223117_18462798.jpg

c0223117_1848402.jpg
c0223117_18491485.jpg

高山植物?も咲いています
c0223117_18493340.jpg

二大難所で岩の階段が長く続いていました。
c0223117_18511715.jpg

c0223117_215539.jpg

同じ御岳山なのでこちらのロックガーデンにもレンガショウマは咲いています。
c0223117_1853760.jpg

c0223117_18543053.jpg

[PR]
by cyaia | 2010-08-21 18:56 | 好奇心
御岳山のレンゲショウマ(8月19日)

以前から一度は見てみたい花「レンゲショウマ」の写真を撮りに行きませんか?
のお誘いに喜んでのった私でしたが・・・あとはお楽しみ(大変な行程になったのです)
その日の天気はあいにく雨・くもりで山は霞がかかって幻想的な雰囲気が。
でも・・とても見えにくいし斜面になって足場も悪い。
それでも多くのカメラ愛好者が集まっています。こんな誘いのチラシがありました。
c0223117_1624536.jpg

c0223117_16261178.jpg

c0223117_16265194.jpg

c0223117_16272148.jpg


さてどんな雰囲気かと言うと・・・
c0223117_16281410.jpg
c0223117_16285045.jpg
c0223117_16295041.jpg
c0223117_163020100.jpg
c0223117_16304111.jpg

c0223117_16364729.jpg
c0223117_1637152.jpg


JR青梅線の御岳駅で降りて駅前からバスに乗りケーブル下まで行きます。
バスを降りてからもケーブルの駅まではかなりの坂を上がっていきます。
最大斜度25度という急な坂をケーブルは登って行きます。到着した場所は標高
822mです。ケーブルを降りてから又坂道を上がる傾斜した斜面にレンゲショウマは
咲いていました。
[PR]
by cyaia | 2010-08-21 16:45 | 好奇心
 (2009年)昨年の7月我々は東北地方へ旅していた。やはり3日とも雨と霧・雨と霧という
 最悪の天気だった事が胸をよぎり、まだブログも初めてなくて・・そうだ備忘録。

蔵王・月山・鳥海山

2009年7月21日
蔵王・・・お釜は過去2回も姿を見ていない。2度あることは3度ある??
その日は雨に霧またしても見る事は出来なかった

ロープウエイとリフトを乗り継いでいろは沼の湿原に行く。
c0223117_2241794.jpg

霧に霞んでぼんやりと見える。参加の皆さんの服装も完全武装です。
c0223117_22101585.jpg
c0223117_22104159.jpg
c0223117_22112498.jpg


7月22日
月山・・・弥陀ヶ原湿原は月山の8合目標高1400mにある。
この日も又雨と霧に悩まされる。
c0223117_2213485.jpg

c0223117_22201577.jpg

c0223117_2221125.jpg
c0223117_22215038.jpg

出羽三山(出羽山・月山・湯殿山の3神合祀している神社)
左が三神合祀の神社 右が出羽三山歴史博物館
c0223117_22221383.jpg


7月23日
鳥海山・・・獅子が鼻湿原(巨大奇形ブナの森)
あがりこ大王(幹回り7.26m)
c0223117_22502576.jpg

獅子が鼻湿原を流れる川。
c0223117_22302479.jpg

鳥海マリモ・・・酸性水のため流域には巨大なマリモが生息している。
c0223117_2232459.jpg

陸の松島と呼ばれる象潟・・・畑の中に松の島が点在しているのでこう呼ばれている。
c0223117_22342114.jpg

陸の松島と呼ばれる象潟(きさがた)パノラマで写す
c0223117_22374668.jpg

鳥海山の山並み(パノラマ撮影)
c0223117_22382616.jpg

[PR]
by cyaia | 2010-08-14 22:52 | 備忘録

HANABI

8月7日 戸田・板橋の花火大会があった。

我が家のベランダからは残念ながら高いマンションの影になり花火大会を見る事が出来なく
なってしまい子供達の家族を引き連れて荒川の河川敷へ見に行きました。

昨年下見で広い河川敷はさえぎるものがなく良く見えるのが分かりました。
昨年は二人で行きましたが今回は総勢10人でいきました。まだ薄明るい時にお弁当やら魔法瓶
やら食べ物を持って行きます。まるでお花見の時のよう。
でもね、河川敷は草が伸びておまけに傾斜している場所に座りましたので身動きが大変でした。
ゴルフ場でこの上に場所を選びました、対岸のマンションは東京都です。
c0223117_12384839.jpg

自由に走り回れるので子供達は喜んでいます。
c0223117_12371497.jpg


遠くに建設中のスカイツリーが見えました。
c0223117_1238043.jpg

c0223117_12462295.jpg

c0223117_11174441.jpg
c0223117_11175319.jpg
c0223117_1118224.jpg
c0223117_11182559.jpg


コンパクトカメラを手持ちで写しているので夜の花火の撮影は難しい。
c0223117_1121540.jpg
c0223117_11213247.jpg

ちょっといたずらをしてみました。
c0223117_12255833.jpg

c0223117_12354417.jpg

[PR]
by cyaia | 2010-08-10 11:26 | 日々の出来事

応募に当たって・・・

迎賓館 赤坂離宮

昨年応募で当たって迎賓館を見てきたという妹の言葉で私も迎賓館を見てみたいという思い
を持ち今年5月に迎賓館のHPを見て応募した。
中々当たるのが難しいというのに初応募で初当選。
明治天皇の皇太子(のちの大正天皇)の東宮御所として1909年に片山東熊によって建てられた。
日本初の洋風宮殿である。地上2階地下1階 述べ面積15,000㎡

JR四谷駅で降りて徒歩7分。学習院初等科は目の前にある。朝雨が降っていましたがお昼
過ぎにはギラギラの太陽が照りつけ大変でした。
c0223117_2134683.jpg

正門の上には輝く皇室の御紋章。
c0223117_2141114.jpg

西門から入って参観ですがここで空港のようにベルト、携帯、鍵などをトレーに
乗せて持ち物もいれてⅩ線をとおし人間もゲートをくぐり先のほうでは免許証などの
身分証明書を見せ選挙のように名簿とチェックしたら菊の紋章の参観バッチをもらう。
c0223117_2184841.jpg

c0223117_2112511.jpg
c0223117_2113421.jpg

さあ用意が整ってこれから参観です。
*カメラ撮影は外はOKですが内部はだめです。
c0223117_21142361.jpg


彩鸞(サイラン)の間
彩鸞とは伝説の架空の鳥です。内装は18世紀のアンビール様式で部屋の内部は金箔で
装飾されている。

朝日の間
天井には女神が朝日を背にして香車を走らせている姿が天井に描かれている。
床には桜もようの絨緞が敷かれている。
壁には海軍と月桂冠  陸軍の鎧兜と月桂冠真ん中に描かれている獅子頭はどこから
見ても見る人と目が合うように描かれている。
c0223117_2136168.jpg
c0223117_21363133.jpg
  
国賓や公賓のサロンとして使われ表敬訪問の行事が行われる

花鳥の間
国賓や公賓主催の晩餐会が催される。部屋の名前の由来は天井の36枚の油絵や壁面の30枚
の七宝焼きに花鳥が描かれている。
c0223117_2146281.jpg


羽衣の間
在日外交団が国賓に謁見したり晩餐会の招待客に食前酒などをサーブする会場に使う。

中央階段・2階大ホール
中央階段を上がった2階大ホールの正面の左右の壁面には小磯良平の2枚の油絵「絵画」
「音楽」が飾れている。

さて館内の見学(約1時間位で各部屋にはボランテァガイドさんがいて説明してくれる)
を終えて建物の外周や庭を散策してみよう。
c0223117_215887.jpg
c0223117_21584224.jpg
c0223117_2159276.jpg

建物の裏側で主庭の噴水が見られる。
c0223117_21592656.jpg

c0223117_220479.jpg
c0223117_221139.jpg
c0223117_221495.jpg
c0223117_222982.jpg
c0223117_2222884.jpg
c0223117_2224759.jpg


迎賓館内部の写真は事前に少し離れた場所で見せて頂いたビデオを写したものです。
[PR]
by cyaia | 2010-08-01 22:23 | 好奇心

日々の出来事  旅  料理  写真


by cyaia