陽だまり

cyaia.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

10月27日久しぶりでハイキングに参加しました。
最近右ひざの具合が悪く難しい山なパスして優しい山だけを選んで参加していました。
夏の草津白根以来の山行きになりました。

 飯盛山(めしもりやま)
八ヶ岳の麓、小海線野辺山の近くにあります。
標高1450mの野辺山高原平沢峠の駐車場までバスで行けます。1643mの頂上まで193mの登山
です。
最初に寄ったPAでのトイレタイム 綺麗な花が生けてありついパチリです。
c0223117_21352657.jpg


素晴らしい天気、少し暑いくらいでした。バスは渋滞もなく快適に走ります。
そろそろ八ヶ岳が見えてきました。
c0223117_21403037.jpg

獅子岩が見えてきました。ここの駐車場にバスは入ります。ここからハイキングが始まります。
c0223117_2142894.jpg

野辺山高原平沢峠は真正面に八ヶ岳が広がっています。今迄こんなパノラマに広がった八ヶ岳は見た事
ありません。
左手には富士山も見え大感激の一瞬です。「参加して良かった」と。
c0223117_21505966.jpg

ここでお決まりの体操をして体をほぐします。
c0223117_21544620.jpg

八ヶ岳は沢山の山の総称ですが一つ一つの山の名前は分かりません。そこで山の名前を覚えましょう。
パノラマで撮ったら又いびつになりました。
c0223117_2157793.jpg

時間が流れ、雲の流れで又違った雰囲気です。
c0223117_21574185.jpg

何時までも景色をみていないで登りましょう。ススキが秋ですね。
c0223117_2212775.jpg

わずかだけどマツムシソウも咲いています。
c0223117_2224494.jpg

飯盛山すぐそこの看板に元気づけられます。
c0223117_2232021.jpg

飯盛山の頂上へ着きました。360度の絶景が広がります。
c0223117_2261675.jpg

ご飯のお茶碗をひっくり返したような山容の可愛い山です。
c0223117_2272532.jpg

富士山も見えます。
c0223117_2295455.jpg

こんな微笑ましい姿も。
c0223117_22112959.jpg

絵を書くグループが来ていました。
c0223117_2212882.jpg

さあ下山しますよ。
小海線の踏切です。すぐ近くに野辺山駅(日本一標高の高い場所にある駅?)があります。
c0223117_22134268.jpg

駅はバスで通過してカメラは追いつけませんでした。
同じ走っているくバスの中から畑がハロウィーンになっていました。
c0223117_22172100.jpg

疲れて少しウトウトしていたらお日様が沈んで日没です。
c0223117_22251397.jpg


最後に本日のとっておきの1枚です。歩く道が入って好きな写真です。
c0223117_22215577.jpg

[PR]
by cyaia | 2011-10-29 22:28 | クラブ活動

大本営松代象山地下壕

10月20日
いきがい大学の社会見学がありました。総勢81名参加でバス2台で長野県松代へ向かいました。
象山地下壕(太平洋戦争の遺跡)
第二次世界大戦末期軍部が本土決戦最後の拠点として極秘のうちに大本営、政府機関を松代移すという
計画の下に昭和19年11月11日午前11時着工翌20年8月15日の終戦の日までおよそ9カ月当時の
金額で2億円の巨費とのべ300万人の住民および朝鮮人を労働者として強制的に動員され突貫工事
がおこなわれ75%が完成した。舞鶴山(現気象庁地震観測所、中心に皆神山などを堀抜き延長10km
に及ぶ地下壕である。
c0223117_14594781.jpg
c0223117_1503389.jpg

壕の中には朝鮮人が故郷を偲び韓国の地名「大邱」が刻まれていた。
c0223117_1514181.jpg

c0223117_10483676.jpg


象山神社(ぞうざん)
佐久間象山は1811年松代の生まれで詩文、経書、武術、漢学に優れ41歳で江戸木挽町に塾を開き
勝海舟、坂本竜馬など排出した。
ペリー来航時に開国論を唱えた。吉田松陰密航事件に連座し投獄された。
54歳で幕府の命を受け京都へ上がる。
徳川家茂、慶喜に公武合体開国論を説いて活躍中7月11日に三条木屋町で尊王譲位派の凶刃に倒れた。
その後4年で明治維新を迎えた。
c0223117_15511758.jpg


六紋銭(真田家の家紋)
一紋銭を三個づつ横2列に並べ合計6ケ(地獄、餓鬼、畜生、阿修羅、人間、天上が衆生を救う為に
棺に入れ、三途の川を渡る渡船料を意味する。
c0223117_15583831.jpg


松代城祉
武田信玄(海津城)が上杉謙信と戦う為の拠点として築かせた城
1622年に真田信之が上田城から移って以来真田氏10代が城主とてt続き国の史跡に指定される。
c0223117_1615013.jpg

c0223117_1633820.jpg
c0223117_1641184.jpg

c0223117_1652235.jpg

c0223117_16195223.jpg


松代の街並み
c0223117_16141385.jpg

c0223117_16155446.jpg
c0223117_16183161.jpg

c0223117_16211416.jpg

c0223117_10545417.jpg


文武学校
文学、躾方、医学、弓術、剣術等を教えてた。
c0223117_1052333.jpg
c0223117_10522465.jpg

鎌柄(かまつかの赤い実)
c0223117_10561423.jpg

[PR]
by cyaia | 2011-10-28 15:09 | クラブ活動
昭和記念公園は敷地は広い。3時間カメラと共に歩き回りましたがまだコスモス畑だけ。秋が深くなって
イチョウの葉が黄色いときにもう一度訪ねてみたい。
原っぱ東花畑のピンクのコスモス
原っぱに沿って歩いているとあっ見えてきたピンクのコスモス畑。
c0223117_13452722.jpg
c0223117_13463450.jpg


c0223117_16485241.jpg


c0223117_13481513.jpg
c0223117_1349453.jpg

パノラマで写してみました。
c0223117_1350144.jpg

c0223117_13542555.jpg

自衛隊機の演習でしょうか?空の上では飛行機がとびかっていました。
c0223117_16321174.jpg
c0223117_16323338.jpg

歩いていると色々なものが目につきます。
セイタカアワダチソウかしら?
c0223117_16345575.jpg

ここは春になったらあの色とりどりのチュリップが咲き乱れます。今は休眠中です。
c0223117_16382774.jpg

子供達も来ました。
c0223117_16405027.jpg

寒くてボート乗り場もお客があまりいませんね。
c0223117_1642052.jpg

シオンの花が咲いています。
c0223117_1643245.jpg


帰り道家の近くに戻ると何ときれいな空なのでしょう。思わずパチリとシャッターを押しました。
c0223117_14133690.jpg

[PR]
by cyaia | 2011-10-23 14:14 | 写真

昭和記念公園・コスモス

コスモス見た~い
何となく見たテレビで昭和記念公園の満開のコスモスが映し出された。
行きたい気持ちが抑えきれず一人でコスモスに会いに出かけました。
     
c0223117_2153547.jpg
                          
原っぱ西花畑では黄色いコスモスが花ざかりです。
今年初登場の新品種「サンセットイエロー」
c0223117_20483639.jpg
c0223117_20485918.jpg
c0223117_20493290.jpg
c0223117_2050086.jpg

c0223117_2129456.jpg

c0223117_21562380.jpg

少し場所をかえて
アサガオ
c0223117_20541198.jpg

メタセコイアにパンパグラス
c0223117_2057218.jpg

ボケの花もきれいに咲いています。
c0223117_2102617.jpg
c0223117_2105635.jpg

これは珍しいチョコレートコスモスがわずかですが見る事が出来ます。
c0223117_2157240.jpg

c0223117_21581935.jpg
c0223117_2158461.jpg
c0223117_21591697.jpg

c0223117_21594322.jpg
c0223117_2203989.jpg


秋明菊 白やピンクもありました。
c0223117_2132687.jpg



原っぱ東花畑へ続く・・・・・・・・・・
[PR]
by cyaia | 2011-10-22 21:08 | 写真

馬に会いたい~~

10月9日 馬に会えるのはどうしたらいいだろうと考えて府中の東京競馬場へ!!

c0223117_17371035.jpg
c0223117_1737274.jpg


始めて入る競馬場は広い公園のようです。
勿論馬券を買って熱くなる人も大勢いますが大きなレースのある日でもなくほんわりと家族連れが
お弁当持ってシートを広げてゆっくりとしています。

まず府中本町の駅を降りるとアーケードの中(専用通路)をまっすぐに歩いていくと自然に競馬場の
中に入って行きます。
入場料200円なりを払えばこの中で1日じゅう過ごせます。
9時の開門・・10時第1レースの始まりです。12時~13時までは昼休み
午後1時から午後のレースが始まってメインのレースはおおむね3時半・・最終レースは4時スタート
5時には閉門です。
馬の顔についているものは・・・・??
c0223117_17475481.jpg

シャドロール・・・物の影や自分の脚の動きに驚く馬シャドーロールを鼻の上につけ下方の視野を
            奪い恐怖心を取り除く。
プリンカー・・・・・周囲を気にしてレースに集中出来ない馬に後方視界を遮るプリンカーを使うと前しか
            見えなくなる「為レースに集中出来る。プリンカーをつけている馬は新聞に「B」マーク
            がついている。
メンコ・・・・・・・・・・メンコは馬の覆面の事。一般に耳覆いのついているものを使います。音に驚いたり
            ダートで走る時砂をかぶるのを嫌がる馬にその防具として使う。
ダートコースで走った後は車で砂の上の糞や足跡を綺麗にする。
c0223117_1892880.jpg

c0223117_18101048.jpg

芝コースで走った後は人が歩きながら馬の糞を掃除する。
c0223117_1844294.jpg

c0223117_1862536.jpg

出走直前の馬の様子が見れるパッドクに馬が出てきて馬券を買う人は色、つや、ぐいぐい引っ張って
やる気があるかどうかを定めて買う。
私は馬券には興味がないけれど一番近くで馬が見れる場所なので行きました。
c0223117_18135697.jpg
c0223117_18141624.jpg
c0223117_18144685.jpg
c0223117_18154988.jpg

c0223117_18172357.jpg
c0223117_18175887.jpg
c0223117_18182723.jpg

地下通路を通って馬場の真ん中に出ました。ここは子供達が遊ぶ遊具もあるとか。
c0223117_18184766.jpg

c0223117_18203667.jpg
c0223117_18205797.jpg

[PR]
by cyaia | 2011-10-13 18:23 | 写真

放鷹術

10月9日
唐突に馬を見たいと思いました。
そうだ!府中の東京競馬場に行こう!!
・・・・という事で府中本町の駅を降りたら???何と凄い人だかり
これはのぞいてみなくては・・・思いもかけない放鷹術の実演をやっていました。

場所:国史跡・武蔵国府跡この場所は徳川家康が鷹狩りの祭、休憩、宿泊した
府中御殿跡です。国内で初めて初期の国司館(こくしのたち)とみられる重要施設である遺構群が
発掘されました。

武蔵府中ふるさと祭りの一環で放鷹術の実演がありました。
c0223117_21245849.jpg

放鷹術に参加の鷹師が自分の鷹を持って観客の前を歩いています。

c0223117_21275543.jpg

徳川家康に扮した府中市長と市役所の職員さん
c0223117_21281612.jpg

メガネの女性の持っているのはハヤブサです。
c0223117_2130656.jpg

親子鷹師
c0223117_21311782.jpg

c0223117_21333123.jpg

鷹は演技をした後は御褒美の餌をもらえる。
c0223117_2265261.jpg

徳川家康(府中市長)による実演?
c0223117_21344120.jpg

夫婦鷹師
c0223117_21361691.jpg

c0223117_224073.jpg

あらかじめ募集した放鷹術をやってみたい人達が10人選ばれて手に乗せてみました。
c0223117_21376100.jpg

鷹狩りに使用する道具
c0223117_2293094.jpg


鷹の重さは700g前後ですが放鷹の前は3日間餌を食べさせないで600g位に重さを減らしておく。
長い時間手に乗せるには重いと大変だそうです。

御殿跡ですが鷹が飛ぶ程広くはないのでほんの少し飛ばせただけでした。
めったに見られないものを偶然の出会いで見る事ができました。
[PR]
by cyaia | 2011-10-10 21:56 | 好奇心

日々の出来事  旅  料理  写真


by cyaia