陽だまり

cyaia.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

南国の島旅 由布島

 由布島
西表島より水牛車に乗ってのろのろと10分位で由布島へ渡ります。

水牛によって歩く早く歩く水牛、年をとりゆっくりしか歩かない水牛で時間は違います。
旅の案内パンフには良く水牛車に揺られて海を渡る写真がでていて一度行ってみたいと
思っていました。

ただし碧い空に白い雲がでている写真。しかしこの日は午前中はどうにか雨も
降りませんでしたがが午後水牛車に乗る頃は少し降りはじめてきました。

潮の干満によって島へ渡れない事もあるようです。
水牛はかなり水の量が多くても喜んで歩きます。
c0223117_225598.jpg
c0223117_21543553.jpg
c0223117_2155183.jpg
c0223117_21554188.jpg
c0223117_21561099.jpg
c0223117_21564582.jpg
c0223117_2157886.jpg


由布島は周囲2キロ、島全体が亜熱帯植物園。ここのレストランで昼食をとりました。園内には様々な
テーマ館があります。

蝶園
沖縄地方独特の「おおごまだら」と呼ばれる白と黒の大きい蝶を見る事が出来ます。
なぜかさなぎは金色をしています。
c0223117_21464965.jpg
c0223117_21474369.jpg
c0223117_21485718.jpg

c0223117_23103678.jpg

c0223117_21492324.jpg

c0223117_2234558.jpg
c0223117_224167.jpg


この後石垣島まで戻りました。
c0223117_22171750.jpg

楽しい3泊4日でした。
[PR]
by cyaia | 2012-02-27 22:06 |

南国の島旅 西表島

西表島 いりおもてじま

この日はこの時期の沖縄方面らしいどんよりした天気でした。
c0223117_112717.jpg


朝、石垣島を出て竹富島で見学その後30分の船旅で西表島へやってきました。
船で仲間川ジャングルクルーズへ行きます。
ここはマングローブ(海水と淡水が入り混じりっている)沿岸に生育する植物群は塩水につかっていても枯れない。そのために植物の根はタコ足で支えていたり板根になっていたりする。
c0223117_111351.jpg

c0223117_1121810.jpg

マングローブに浸かって木の足がタコ足になって木を支えています
c0223117_1131146.jpg

八重山ヤシ
c0223117_1142419.jpg

c0223117_1122816.jpg

クルーズの途中特別天然記念物に指定され絶滅危惧種である
カンムリワシが見えるとガイドさんの声に振り向いて写した1枚。後ろ向きな姿でも
距離が遠かったのに良く写せました。
c0223117_1162234.jpg

カンムリワシの顔が良く分かるように写真から
c0223117_1195542.jpg


サキシマスオウの木
マングローブ特有の根が板根になっています。高さ20mの木はパノラマ撮影です。
c0223117_11122271.jpg

c0223117_11133531.jpg

道路にはこんな「西表やまねこに注意」の看板がありましたが夜行性で数も少ない為出会う事はありません。
c0223117_1125741.jpg

大潮になるとこんなに水が引いてしまいます。
c0223117_1128045.jpg

[PR]
by cyaia | 2012-02-26 11:35 |

南国の島旅 竹富島

竹富島
那覇から飛行機で石垣島へ行き離島ターミナルから船で15分で着きます。
c0223117_1243246.jpg

c0223117_1235243.jpg

小さな島ですが前半はバスで竹富島ゆがふ館→コンドイビーチ→星砂の浜を回り後半は水牛車で
ゆっくりと島内を回ります。

コンドイビーチ(集落を抜けた島の西海岸にあり遠浅で波も穏やかです。
白い砂浜が続いてますがこの日曇天で重たい雲が出ています。
c0223117_1212464.jpg

カイジ浜(星砂の浜)皆さんここで星砂を探します。
c0223117_1214835.jpg
c0223117_1214232.jpg

拾わなくても後から添乗員さんが星砂を少しくれました。

後半は水牛車で竹富島の集落をゆっくりと散歩します。
c0223117_1229234.jpg

ちょっとおどけたミュジックシーサーです。
c0223117_12173140.jpg

我々が乗った水牛車の水牛君はちょっとお年寄りでのんびりと歩きます。お兄さんが三線で沖縄の
歌を歌いながら歩きます。
c0223117_12305880.jpg

水牛はところ構わず途中で止まってうんちやおしっこをします。お兄さんが黄色いバケツで受けとめて
いました。水牛の角が欠けているのはけんかして折れたそうです。
c0223117_12315585.jpg

c0223117_12225466.jpg
c0223117_12232040.jpg

沖縄はシーサーが屋根に乗っている家が残っています。家を守ってくれます。
c0223117_12241870.jpg
c0223117_12244641.jpg

c0223117_12354175.jpg
c0223117_12361780.jpg

沖縄のお墓はとても大きいです。写真のお墓は古いですが結構大金をかけて作るそうです。
c0223117_12363791.jpg

[PR]
by cyaia | 2012-02-23 12:52 |

南国の島旅 石垣島②

石垣島
石垣島で見た所は石垣島鍾乳洞ー唐人墓ー御神崎(ウガンザキ)-川平湾(グラスボート)-米原ヤエヤマシの群落ー玉取崎展望台ーパンナ岳(バス走行距離107km)

石垣島鍾乳洞
石垣島の地底に広がる神秘的な鍾乳洞。洞内にはサンゴ礁から出来た純白の鍾乳石、透き通った泉、水
の音色の水琴窟など20万年もの時が作りあげている。鍾乳洞イルミネーションもある。
c0223117_13461933.jpg
c0223117_134744.jpg
c0223117_13475882.jpg

唐人墓
1852年アメリカ行きの船の中で虐待された中国人労働者380人が暴動をおこし石垣島で下船したが
追手のイギリス人兵士に処刑された。(ロバートバウン号事件)この時の犠牲者の御霊を祀るために1971
年に墓が建立された。
c0223117_1352958.jpg
c0223117_13532459.jpg

御神崎うがんざき
断崖と巨石に波が打ち寄せる雄大な景色が眺められる。
c0223117_1356826.jpg
c0223117_13563774.jpg
c0223117_13573815.jpg

川平湾(かびらわん)
サンゴ礁に囲まれた波静かビーチが点在し海の色がエメラルド色のサンゴ礁と外海の境で色が
変わって何とも幸せ気分の湧くビーチです。しかも今日は神様の贈り物の晴天(天気予報は曇り)
で綺麗な海の色に癒されます。
c0223117_1472720.jpg
c0223117_1485871.jpg
c0223117_14103194.jpg
c0223117_14131055.jpg

c0223117_14351315.jpg

グラスボートに乗って底がグラスになって海底が覗きこめるボート
c0223117_142988.jpg

プロ野球ロッテが石垣島でキャンプをはってます。選手にはお会い出来ませんがマスコットが川平湾へ
きて愛きょうを振りまいていました。
桜も咲いていましたが沖縄方面の桜はあちこちにポツリとポツリと咲いてワッと沢山咲いてお花見など
はしないようです。
c0223117_14311920.jpg

沖縄でも屋根にシーサーが乗っている家は少なくなりました。シーサーは家の守り神です。
c0223117_14354185.jpg

米原八重山ヤシ群落
c0223117_14415676.jpg

玉取崎展望台
外海と内海のコントラストがきれいに見える場所です。
c0223117_1541148.jpg

パンナ岳
c0223117_1571540.jpg
c0223117_1574765.jpg


c0223117_2240312.jpg

[PR]
by cyaia | 2012-02-18 14:17 |

南国の島旅 石垣島①

毎年2月には沖縄に行ってます。2月の沖縄は連日天気が悪いのです。
今回はちょっと気分を変えて八重山諸島に行ってきました。

石垣島ー西表島ー竹富島ー由布島

羽田から那覇へ飛び乗り換えて石垣島へ行きました。石垣島は行くまでは沖縄のすぐ近くと思っていま
したがなんと那覇から石垣までは400キロ(東京←→名古屋)位あるのです飛行機でも1時間5分も
かかります。

朝何時もより早めに起きてベランダから外を眺めるときれいなお月さまが出ていました。
c0223117_234370.jpg

飛行機の窓から外を眺めていると・・・
c0223117_23607.jpg

きれいな富士山が見えたのですが大きな白い雲が・・・・
c0223117_2375713.jpg

石垣島
c0223117_23113564.jpg

ホテルはすぐ目の前がビーチというフサキリゾートビレッジに3泊しました。
c0223117_23142991.jpg
c0223117_23151552.jpg
c0223117_23165128.jpg
c0223117_23173971.jpg
c0223117_23183061.jpg

ホテルの中を散歩していたらきれいな蝶に出会いました。
c0223117_2319980.jpg

私達もシルエットで参加です。
c0223117_2322396.jpg

c0223117_23253372.jpg
c0223117_23261588.jpg

水上ボート
c0223117_23265696.jpg

c0223117_23281886.jpg

夕日を見るまでビーチ散歩です。
c0223117_232848100.jpg

c0223117_2331373.jpg

泊ったホテルは離島気分が満喫できるフサキリゾート(中心部より少し離れている)
c0223117_2332377.jpg

[PR]
by cyaia | 2012-02-17 23:44 |

三十槌のつらら

三十槌の氷柱
2月6日にかねてから行きたいと思っていた秩父の三十槌へ連れて行ってもらえました。
南浦和~外環~関越の花園インタ-で降りて~秩父やまなみ道路~秩父大野原~大滝温泉~三十槌
と結構遠い道のりでした。
曇天で時折小雨も降る重い雲が垂れこめた日でした。寒さが厳しいです。
c0223117_20445440.jpg

ここには自然の氷柱と人工的に作った氷柱が隣あわせにあります。ちょっと区別がつきません。
c0223117_20482349.jpg
c0223117_20485942.jpg
c0223117_20493056.jpg
c0223117_2050174.jpg
c0223117_20503478.jpg
c0223117_2051785.jpg
c0223117_20514514.jpg
c0223117_2052494.jpg

三十槌へ行く途中に和銅開珎が見つかった遺跡(ここで銅が採れた)
c0223117_20535122.jpg


****************************************
駅前のリリアホールで医師鎌田実の講演会があり聞きに行ってきました。
・・・ここでは撮影が出来ません・・・・・
鎌田実
「困難な時代をどう生きるか」「がんばらないけれどあきらめない」
鎌田実オフィシャルサイトより
医師・作家。1948 年 6 月28 日 東京に生まれ。 1974 年 東京医科歯科大学医学部卒業。長野県の諏訪中央病院にて地域医療に携わる。 1988 年 諏訪中央病院の院長に就任。一貫して住民とともにつくる医療を提案・実践。 1991 年 日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)を設立。 ベラルーシ共和国の放射能汚染地帯の病院へ、17 年間に90 回の医師団を派遣し、約14 億円の医薬品を支援してきた

講演の初めは先生のいる茅野市に脳卒中で亡くなる人が多いのに気付き脳卒中で倒れないためには
①高血圧にならない。・・塩をとらない、減塩
②1日1回魚を食べると心臓病のリスクが減る。
③発酵食品をとる。
④有色野菜は放射能に勝つ

アンチエイジング
①きのこ、繊維のあるもの、ネギ、海藻
②ネバネバ食品 納豆、オクラ、モロヘイヤ
③ガンになりにくい食品として生姜、にんにく、キャベツ、唐辛子

血糖値をあげる食品
お餅、白米、せんべい
      
          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「モハマド君の命のリレー」
パレスチナ自治区でイスラエル兵に誤射された9歳のモハマド君 父は脳死状態のモハマド君の臓器を
イスラエルの心臓病の少女に提供する。憎しみを横に置いて平和への願いを込めた。
元気になった少女は今平和への願いを「こめ医者になりたいと頑張っている。

チェルノブイリ・・・フクシマ
原発事故で放射能に汚染された場所に住む人々にも熱い思いを寄せている。
「情けないけれどあきらめない」

などなど沢山の良い話を聞いてメモをとりましたが時間の経過とともに少し忘れてもいます。
忘れない為に書きました。
[PR]
by cyaia | 2012-02-14 21:05 | クラブ活動

浦和競馬場

2月1日いきがい大学写真クラブでは「流し撮り」をテーマに浦和競馬場へ行きました。
「流し撮り」とは難しい挑戦です。まだコンデジで写している私にはカメラの構造からして出来ないワザなのです。本体の姿がはっきりしてバックの景色が流れているように写す難しいワザです。

どんな感じかというと私には出来ないので写真クラブ部長さんの写真を見て下さい。
c0223117_13365893.jpg

こんな感じで後ろの景色は流れていますね。
何時か一眼のカメラを買って私も挑戦してみたいです。
競馬の馬サラブレッドは何時も綺麗です。こうやって綺麗に洗ってもらっています。
c0223117_13385715.jpg

パドックと呼ばれる所に出走30分まえに馬が出てきます。ここで馬券を買う人は馬の調子をみます。
c0223117_1340129.jpg

c0223117_13413292.jpg

最後に騎手が出てきて騎乗します。
先導馬は女性で格好いいですね。
c0223117_13423628.jpg

コースが運ばれてきます
c0223117_13461283.jpg

c0223117_13464275.jpg
c0223117_134774.jpg
c0223117_1347334.jpg
c0223117_13481390.jpg

[PR]
by cyaia | 2012-02-13 13:48 | クラブ活動
史跡めぐり部の23年度最後の担当班になり下見をしてきました。何処を歩くか決めるのが大変です。

増上寺・・・・浜松町から歩いてすぐ増上寺へ行きます。法然上人800年御忌大会を控え
忙しそうでお寺のガイドは断られました。
c0223117_20264273.jpg
c0223117_2027336.jpg
c0223117_20272681.jpg


東京タワー・・・・この中に港区観光協会がありここで地図を頂き今回のルートを決めました。
c0223117_20293223.jpg
c0223117_20295342.jpg

外には南極観測で活躍したカラフト犬の姿が再現されていました。

青松寺・・・・メインストリートに正門があり階段を上って中に入ると立派な仁王様が両側にいます。
c0223117_2032508.jpg
c0223117_20331221.jpg
c0223117_20333871.jpg

c0223117_20342221.jpg


愛宕神社・・・エレベーターで上に上がる事が出来ます。
c0223117_20595716.jpg


・真っ赤な朱塗りの丹塗門
c0223117_2037344.jpg
c0223117_20373272.jpg

愛宕山は東京で1番高い山だったようで三角点があります。


NHK愛宕放送博物館・・・放送に関する展示
1956年世界初の放送専門ミュージアムとして愛宕山に開館。
日本の放送が始まってから80余年放送はラジオ、テレビ、衛星放送、ハイビジョンデジタル放送と
大きく進歩発展してきました。
こうした歴史に関する様々な実物展示や番組公開をしています。
c0223117_20465515.jpg


東急イン・・・・レストラン 「シャングリ・ラ」で1500円のランチがあります。
c0223117_20484181.jpg

スープ、サラダバー、メインの料理、デザートとコーヒーがついています。
サラダバーは種類も豊富で美味しくてお変わり自由で値打ちのあるランチです。

都営地下鉄浅草線に乗って泉岳寺へ移動します。

泉岳寺・・・・お馴染みの赤穂浪士のお寺です。
c0223117_20524054.jpg
c0223117_2053159.jpg
c0223117_20533988.jpg
c0223117_20541717.jpg
c0223117_20545236.jpg

吉良上野介の首を洗った井戸
c0223117_20555651.jpg
c0223117_2056253.jpg

[PR]
by cyaia | 2012-02-04 20:39 | クラブ活動

日々の出来事  旅  料理  写真


by cyaia