陽だまり

cyaia.exblog.jp
ブログトップ

青木が原樹海


もう1カ月半位前の7月15日に川口歩こう会では「青木が原樹海と富士三湖を巡る」の歩こう会がありました。
しかし道路はひどい渋滞で最初の予定がどんどん短縮されていきました。
談合坂から河口湖を通り「道の駅なるさわ」で出発式の予定がキャンセルになり精進湖畔で昼食になりました。
c0223117_11504947.jpg

c0223117_11511262.jpg


青木が原樹海は西湖、精進湖、本栖湖にまたがって広がっている面積25k平方メートルの原生林
モミ、ツガ、ブナ、などが樹齢300年を経た大木、苔が溶岩流の上に生い茂っています。

標高1000mで広さは山の手線の内側ほどもある。1140年前の富士山噴火の跡を残す溶岩台地に
深い森が広がり樹海の中を通り抜けるように遊歩道がある。

c0223117_1215975.jpg

さあ、ここから青木が原樹海へ入ります。
c0223117_124161.jpg

総勢80名 バス2台
c0223117_1245038.jpg

c0223117_127510.jpg
c0223117_1272571.jpg
c0223117_127435.jpg

何の骸でしょうか?
c0223117_1284640.jpg

c0223117_12123452.jpg
c0223117_1213571.jpg
c0223117_12141925.jpg

ここで数人樹海から出ていない人がいてリーダーの方は大慌て。中では携帯やトランシーバーが
繋がりません。まもなく戻ってこられて良かったのですが中に道案内板はほとんどなく樹海のなかへ
入り込むと目標がないので戻れません。リーダーに着いて歩くことが大事です。

富岳風穴に入ります。
富士山の周辺には大小様々な洞窟があり富岳風穴はその代表的なものである。風穴の中は真夏でも
3度に保たれ氷柱が見られる。
全長200mの横穴式洞窟
中は暗く目が慣れるまで怖いです。中hひんやりと冷たい。
c0223117_12205143.jpg

氷柱
c0223117_1222658.jpg
c0223117_1222273.jpg

c0223117_12242964.jpg

c0223117_12245235.jpg



西湖いやしの里根場
西湖と富士山、青木が原樹海と最高のロケーションに立つ茅葺屋根の民家が立ち並ぶ集落で
日本の原風景を思わせる。
しかし朝方の道路の渋滞で時間がおしてきてトイレと」記念写真だけのあわただしい訪問になり
まことに残念!!再び訪ねてみたい場所になりました。
c0223117_1253169.jpg
c0223117_12532439.jpg
c0223117_12534248.jpg
c0223117_1254481.jpg
c0223117_1254438.jpg

名残惜しくてバスの中から振り返ってみた富士山
c0223117_12545862.jpg

[PR]
by cyaia | 2012-08-19 12:59 | 備忘録

日々の出来事  旅  料理  写真


by cyaia