陽だまり

cyaia.exblog.jp
ブログトップ

2010年 05月 27日 ( 2 )

パリヌーロの青の洞窟

南イタリアには各地に青の洞窟がある。今回はカプリ島より観光客も少ないし入口も
大きくて中に入る確率の高いパルヌーロの洞窟へ挑戦。
ここはイタリア人でも知る人ぞ知る南イタリアの秘宝である。

我々のツアーには「アマルフィーのエメラルドの洞窟」と「カプリ島の青の洞窟」と
この「デイアノ国立公園の美しい海岸線にあるパリヌーロの洞窟」の3つの洞窟
めぐりがあった。
この洞窟は入り口が大きいので桟橋から乗った10人乗りのボートでそのまま中に
入っていける。中に入れる確率も高く中も広い。サングラスの方は船頭さん。
c0223117_216086.jpg

黄色い飲み物はレモンのスムジー
c0223117_2161313.jpg
   
  
       
c0223117_2114044.jpg
 

ここでちょっと食事の写真を少し・・・・
ホリデーイン・ナポリの夜の食事はピアノの生演奏が入り久しぶりにゆっくりと食事を
楽しめた。この時「キリストの涙」といわれるワインが美味しいと皆飲んでいました。
私のオーダーした赤い飲み物はシチリアの赤いオレンジジュース
食事はブルスケッタとムール貝とあさりのリゾット、お魚と野菜、パンナコッタのデザート
c0223117_2116279.jpg

[PR]
by cyaia | 2010-05-27 21:27 |
マテーラ
ナポリから260キロ 3時間40分でセピア色の街マテーラです。
1993年ユネスコ世界遺産に登録されている。
南イタリアの洞窟住居”サッシSassi”と呼ばれています。乾燥した台地に乾燥してカラカラの
サッシの住宅が重なりあっている。
c0223117_22181971.jpg
c0223117_22193261.jpg

c0223117_22203983.jpg

サッシの1軒で博物館なのだろうか?家の様子が見られる場所がある。
いままで使っていた用具や寝室のベッドなど。
c0223117_2201482.jpg

坂を下りてくると1本のロープに沢山の洗濯ものが干してあり郷愁を感じます。
c0223117_2214693.jpg

                      

アルベロベッロ
イタリア半島のかかとの部分にある街でトンガリ屋根が立ち並ぶ不思議な街
白い壁に円錐形の屋根のトゥルッリが点在している。
観光客がいなければ静かな街である。
1996年に世界遺産に登録された。冬暖かく夏涼しい。
アイアピッコラ地区(古いトゥルッリが多く今でも住居として使われているが40%は
放置されている。
モンティ地区(お土産物などの商業地区)日本人の奥さまの経営する陽子の店がある。
c0223117_23473816.jpg
c0223117_2348292.jpg
c0223117_23481792.jpg
c0223117_23483656.jpg

トゥルッリの屋根には魚・鳥・ラテン文字が描かれている屋根がある。これらは宗教的な
意味があるようだ。
c0223117_23485687.jpg
c0223117_23492328.jpg

静かな住宅街をあるいているのは観光客だけである。
c0223117_23495160.jpg
c0223117_23501612.jpg

モンティ地区にあるお土産物店陽子さんのお店のご主人
c0223117_23505298.jpg

[PR]
by cyaia | 2010-05-27 00:07 |

日々の出来事  旅  料理  写真


by cyaia