陽だまり

cyaia.exblog.jp
ブログトップ

2010年 10月 30日 ( 1 )

遥かなるメキシコ①

メキシコシティとその近郊
思いもかけずメキシコを訪れる事になった!!
ほとんど知識も持たずにわか勉強?で飛行機に乗っていたのである。
メキシコの世界遺産6か所を訪ねて。
①メキシコシティ歴史地区
②ティティワカン(太陽と月のピラミッド・死者の道)
③メキシコ国立大学の壁画
④天使の町ブエブラ歴史地区
⑤マヤ遺跡「ウィシュマル遺跡」
⑥マヤ遺跡「チチンツァ遺跡」

初めて乗るアエロメヒコ航空
座席は横に2・3・2と小さな飛行機であったが成田ーメキシコシティは直行便
c0223117_16313022.jpg


3連泊のガレリアプラザホテルへ。独立記念塔の近く。
c0223117_22552051.jpg


メキシコシティ歴史地区へ世界遺産
メキシコ人の多くが崇拝するグアダルーペ教会
旧の教会は地盤沈下で1m70cm位傾いているので今は使われていない。
隣に建った新らしい教会はモダン建築で代々木競技場の屋根がモデルに。
メキシコ人は99%がキリスト教の信者である。
この教会のマリア様は黒髪で褐色の肌をしている。本当の写真を見るには祭壇の下
の動くエスカレーターに乗ってみる。(多くの人が礼拝に来るので拝む人が立ち
止まらないように)
c0223117_1723799.jpg


アステカ遺跡(シティイの中心カテドラルの横にあり発掘は少しだけ)
c0223117_23491175.jpg


三文化広場(手前に遺跡、真ん中に教会、背後にマンションで3つの文化が
一緒に見れるのだが交通の激しい道路に面していてバスは止まれない。あわてて動くバス
の中からシャッターを押した。
c0223117_2349522.jpg


シティで一番大きな教会カテドラル
c0223117_2351922.jpg


ティオテイワカンの遺跡世界遺産
メキシコ盆地を中心に350年~650年の間栄えた。太陽のピラミッドは高さ65m
248段のかなり急な階段を登ると頂上には儀式を行う神殿跡がある。
世界ではエジプトのクフ王、カフラ王についで3番目に大きいピラミッドである。
太陽のピラミッドを高さ42mの月のピラミッドと南北に結ぶ「死者の道」がある。
北端と南端では2,7mの落差がある。月のピラミッドを上るとテオティワカンが
一望できる。死者の道は観光客相手の露天のお土産売りが黒曜石の置物とかシルバー
のアクセサリーを売りにくるが値段はとても高い。
c0223117_237763.jpg


マリアッチ民族音楽
夕食はホテルから徒歩でマリアッチの音楽を聴きながら夜9時という遅い時間の夕食
でした。話題のサボテンスープは口に合いません。
c0223117_2382610.jpg


国立人類博物館
世界でも有数の規模と作品を持つ大博物館です。
テオティワカン、マヤ、アステカなどの遺跡から発掘したものを各部屋に分けて展示。
マヤの翡翠の仮面は東京のオリエント博物館のオルメカ展の貸出中。

太陽の石「アステカカレンダー」は必見
オルメカの巨大人頭像、チチエン・イツアー遺跡の「雨の神チャック・モール像」は川の
ないユカタン半島で雨乞いに生贄の心臓をチャックのお腹に乗せて祈願した。
c0223117_1731433.jpg

[PR]
by cyaia | 2010-10-30 17:33 |

日々の出来事  旅  料理  写真


by cyaia